スポンサーサイト


スポンサーサイト」の続きはこちら

検査証明書とは

【検査証明書とは。】Inspection certificate特定貨物の品質、成分、規格などが、輸出国や輸入国の公的な基準に合致することを証明する書類。通常、輸出国の公的検査機関が発行するが、輸入者が指定する検査機関でも発行することもある。...
検査証明書とは」の続きはこちら

コンテナ機器受渡書(Equipment Receipt : E/R)

【コンテナ機器受渡書(Equipment Receipt : E/R)とは。】船会社所有のコンテナを荷主に貸し出す際のコンテナの状態、貸出し期間を起算する証明書類。コンテナターミナルと荷主の間で受渡しの都度、コンテナの状態をお互いに確認し証明する。通常、E/R(イーアール)と呼ばれている。[記載事項] ・輸出者の名称と住所 ・荷受人の名称と住所 ・コンテナ番号・積載船名 ・航海番号(Voy No) ・コンテナの状態...
コンテナ機器受渡書(Equipment Receipt : E/R)」の続きはこちら

原産地証明書

【原産地証明書とは。】Certificate of origin輸入貨物の原産地を証明するために、特定の国および地域で生産や製造されたことを証明する書類。この原産地証明書を輸入時に税関に提出することで、低税率の関税の適用を受けることが出来ます。輸出国の商工会議所や領事が発行する。[記載事項] ・輸出者の名称と住所 ・荷受人の名称と住所 ・インボイスの番号と日付 ・原産地 ・輸送手段 ・荷印、番号 ・梱包数と荷姿 ・商品...
原産地証明書」の続きはこちら

容積明細書とは。

【容積明細書とは。】Measurement and weight list積載された貨物の1つ毎の重量、容積と1本船単位の総重量、総容積を表示した書類。船会社が指定した公認の検定機関が発行する。[記載事項] ・荷送人(輸出者) ・海貨業者 ・検量日と場所 ・発効日と場所 ・荷受人への貨物引渡し場所 ・積載船名 ・船積み港 ・荷卸し港 ・総重量 ・容積 ・梱包サイズ ・荷印、番号...
容積明細書とは。」の続きはこちら

デバンニングレポートとは

【デバンニングレポートとは。】LCL貨物の輸入の際に使う書類です。船会社と荷受人が貨物の状態を点検し、その状態を記録した書類。通常、確認は検数人が行う。 点検時に異常があった場合は、レポートに記載する。記載後に異常を発見しても船会社に責任を負わせることは出来ない。[記載事項] ・検数人の名称 ・検数を依頼した者の名称(通常は、CFSオペレーター)  ・荷受人又は代理人 ・本船名 ・航海番号 ・コンテナ番号 ...
デバンニングレポートとは」の続きはこちら

リリースオーダーとは。(貨物引渡指図書)

【リリースオーダーとは。(貨物引渡指図書)】信用状取引の場合の航空(輸入)貨物の荷受けに必要な書類です。海上輸入貨物の場合のBLとは異なり、航空貨物運送状は有価証券の役割はありません。貨物を引き取るために、輸入者は「輸入担保荷物保管証(航空貨物用)」と「外貨建約束手形」を作成し、銀行に差し入れ、銀行からリリースオーダーの交付を受けます。 荷受人(または代理人)は、貨物の引渡を受けるために航空会社にリリース...
リリースオーダーとは。(貨物引渡指図書)」の続きはこちら

保証状とは。(LETTER OF GUARANTEE)

【保証状とは。(LETTER OF GUARANTEE)】通常、輸入貨物を引き取る際には、船会社にBL(船荷証券)を提出して貨物を受け取ります。しかし、BL(船荷証券)より先に貨物が輸入港に到着した場合などに、BLなしで貨物を引き取るために必要な書類が保証状です。輸入者は保証状に銀行の署名を受け、船会社に提出する、提出を受けた船会社は、デリバリーオーダーを発行して、輸入貨物の引取りを可能にする。 [記載事項] ・船会社(代理店)...
保証状とは。(LETTER OF GUARANTEE)」の続きはこちら

本船貨物受取書とは。(MATE’S RECEIPT:レイツレシート)

【本船貨物受取書とは。(MATE’S RECEIPT:レイツレシート)】輸出貨物を在来船に船積みする際の書類。貨物が問題なく船積みされた後に本船(一等航海士)が本船貨物受取書に受け取りの署名をする。  記載事項は、BL(船荷証券とほぼ同じ)。  (コンテナ船のドックレシートに相当する書類)[記載事項] ・荷送人(輸出者) ・輸入者(荷受人) ・貨物明細 ・本船名 ・船積港 ・出航日 ・荷卸港 ・数量 ・総重量 ・シッピン...
本船貨物受取書とは。(MATE’S RECEIPT:レイツレシート)」の続きはこちら

船積み指図書(SHIPPING ORDER:シッピングオーダー)とは

【船積み指図書(SHIPPING ORDER:シッピングオーダー)】船会社から船積み予定の本船の船長に対して、船積みを指示するための書類。在来船のみに適用されている書類。 荷送人(輸出者)の代行で海貨業者が作成して船会社に提出する。提出を受けた船会社は一定の事項を確認・署名して、海貨業者に返却する。海貨業者は、返却を受けた署名付の船積み指図書を本船に持込む。[記載事項] ・荷送人(輸出者) ・輸入者(荷受人) ・貨物明細...
船積み指図書(SHIPPING ORDER:シッピングオーダー)とは」の続きはこちら

【船積み依頼書とは。(SHIPPING INSTRUCTION:シッピングインストラクション)

【船積み依頼書とは。(SHIPPING INSTRUCTION:シッピングインストラクション)】海貨業者に提出し船積みを依頼するための書類。信用状取引の場合は、信用状の内容に従って記載する。通常、「インボイス(商業送り状)」、「パッキングリスト(梱包明細書)」との3部セットで輸出者が作成します。  [記載事項] ・荷送人 ・荷受人 ・本船名 ・船積港 ・出航予定日 ・荷卸港 ・到着予定日 ・数量 ・容積 ・総重量 ・信用...
【船積み依頼書とは。(SHIPPING INSTRUCTION:シッピングインストラクション)」の続きはこちら

海上貨物運送状(SEA WAYBILL)とは

【海上貨物運送状(SEA WAYBILL)とは】 海上輸送する際の運送状です。航空貨物が航空貨物運送状(AIR WAYBILL)を 発行するのに相当します。   B/L(船荷証券)と似たような役割を持っていますが、B/L(船荷証券)が有価証券や 流通証券の役割を持っているのに対してSEA WAYBILLは、その特性はありません。  貨物の船積み後に船会社から交付される受取証に過ぎません。 その為、FAXなどでのやり取りが可能です。[記載事項]  ・...
海上貨物運送状(SEA WAYBILL)とは」の続きはこちら

カーゴボートノート(CARGO BOAT NOTE)

【カーゴボートノートとは(CARGO BOAT NOTE)】 在来船の輸入貨物の荷受時に必要な書類です。貨物の受取書の役割を 持った書類です。 本船から荷卸された貨物に過不足や損傷などの有無を検数人が確認して 発行します。その内容を本船側、輸入者側、それぞれが確認して署名します。  [記載事項]  ・商品名 ・個数 ・数量 ・荷卸港 ・シッピングマーク ・入港日  ・商品名 ・リマーク(過不足、損傷の有無) ・航...
カーゴボートノート(CARGO BOAT NOTE)」の続きはこちら

船積み通知書とは。(SHIPPING ADVICE:シッピングアドバイス)

【船積み通知書とは。(SHIPPING ADVICE:シッピングアドバイス)】  輸出する貨物が船積み完了した時点で、輸出者から輸入者に対して、  船積みの通知を送ります。  「船積み通知書」を発行せずに単にEメールで船積み完了を報告する輸出者もいます。  私は、「船積み通知書」をEメールにてPDF形式で入手しています。[記載事項]  ・荷送人 ・荷受人 ・本船名 ・船積港 ・出航予定日 ・荷卸港  ・到着予定日 ...
船積み通知書とは。(SHIPPING ADVICE:シッピングアドバイス)」の続きはこちら

アライバルノーティスとは。:到着通知書

【アライバルノーティスとは。:到着通知書】  輸入港に貨物が到着した(または到着の予定)ことを通知する書類。 一般的には、到着の1日~2日前に船会社からFAXで届きます。 船会社は、BLのNotify Party欄に記載されている相手に通知します。 荷受人にアライバルノーティスを通知する場合は、Notify Party欄に ”same as consignee”と記載し、荷受人と通知先が異なる場合は、 通知先の会社名とFAX番号を記載しておきま...
アライバルノーティスとは。:到着通知書」の続きはこちら

【コンテナ搬入票とは。】

【コンテナ搬入票とは。】輸出貨物をコンテナで輸送する場合、コンテナをCYに搬入します。搬入の際に実入りのコンテナと共にコンテナ搬入票を作成して、CYオペレーターに提出します。(他にもドックレシートやCLPの書類も同時に提出するのが一般的です) コンテナ毎にコンテナ搬入票を作成する必要があります。[記載事項] ・コンテナ番号 ・コンテナシール番号 ・本船名 ・コンテナサイズ ・荷受人 ・海貨業者名 ・梱包数...
【コンテナ搬入票とは。】」の続きはこちら

ドックレシートとは(DOCK RECEIPT)】

【ドックレシートとは(DOCK RECEIPT)】貨物(FCL貨物またはLCL貨物)をコンテナで輸出する際に、ドックレシートを作成してCYオペレーターやCFSオペレーターに提出する。それぞれのオペレーターが受け取りの署名をする。通常は、輸出者に代わる海貨業者が代理で作成する。 (在来船の場合のMATE’S RECEIPTに相当する)  [記載事項] ・荷送人 ・荷受人 ・海貨業者名 ・コンテナ番号 ・コンテナシール番号  ・本船名 ・...
ドックレシートとは(DOCK RECEIPT)】」の続きはこちら

海上保険証券(INSURANCE POLICY)

【海上保険証券とは(INSURANCE POLICY)】 輸出地から輸入地までの海上保険の証券です。 取引条件によって、輸出者が付保するか、輸入者が付保するかが決まります。 CIF・CIP取引の場合は、輸出者が付保し、FOB・CFN・FCA・CPTの取引の場合は、 輸入者が付保します。 保険金は、輸入地で支払われることが一般的。[記載事項]・被保険者 ・保険金額(一般的にはCIF価格の10%増し) ・本船名 ・出航予定日 ・船積港 ・荷...
海上保険証券(INSURANCE POLICY)」の続きはこちら

CLP (Container Load Plan:コンテナ内積付表)

【CLPとは。(Container Load Plan:コンテナ内積付表)】輸出貨物をコンテナに積み込んだ際に作成する書類。実入りのコンテナをコンテナヤード(CY)に搬入する際に、ドックレシートやコンテナ搬入などと一緒に持ち込む。基本的にコンテナ単位で下記の記載事項を記載する。[記載事項]・コンテナ番号 ・コンテナシール番号 ・本船名 ・コンテナサイズ ・船積港・荷卸港 ・数量 ・重量 ・容積 ・荷送人(輸出者) ・荷受人(...
CLP (Container Load Plan:コンテナ内積付表)」の続きはこちら

原産地証明書

【原産地証明書とは。】輸入貨物に特恵税率を適用する場合、原産国を証明する書類が必要になる。その原産国を証明するための書類。 原産国が特恵受益国の場合、優遇された税率が適用される。 輸出駐在の輸入国領事、または輸出地の商工会議所が発行する。[記載事項] ・原産国 ・商品名 ・輸出者(荷送人) ・輸入者(荷受人) ・インボイス番号 ・本船名 ・船積港 ・出航日 ・シッピングマーク ・商品名 ・個数 ・発行し...
原産地証明書」の続きはこちら

パッキングリストとは。(PACKING LIST:梱包明細書)

【パッキングリストとは。(PACKING LIST:梱包明細書)】梱包単位の貨物や重量の明細です。通常、「インボイス(商業送り状)」、「シッピングインストラクション(船積依頼書)」との3部セットで輸出者が作成します。輸出時、輸入時の税関手続きなど様々な場面で必要な重要書類です。また、海上運賃の計算の根拠となる書類です。  [記載事項]  ・輸出者の名称、住所 ・輸入者名称、住所 ・本船名 ・出航予定日 ・船積港...
パッキングリストとは。(PACKING LIST:梱包明細書)」の続きはこちら

輸出許可書・許可書(E/D)

【輸出申告書(許可書)とは。(E/D)】 日本から海外に貨物を輸出する際に税関長に対して、輸出申告を行う。 税関長の許可後に輸出する貨物をそれぞれの輸送手段で海外に運送する。 現在では、NACCSという通関情報処理システムにより輸出申告を行うことがメイン。  [記載事項]   ・輸出者 ・貨物の蔵置場所 ・本船名 ・船積港 ・荷卸港 ・数量   ・正味重量(容積) ・輸出金額(FOB価格) ・統計品目番号 ・シ...
輸出許可書・許可書(E/D)」の続きはこちら

輸入許可書・許可書(I/D)

【輸入申告書(許可書)とは。(I/D)】  海外から貨物を輸入する際に税関長に対して、輸入出申告を行う。 税関長から輸入の許可を受けるまでは、貨物を引き取ることは出来ない。 許可を受ける条件の一つとして、輸入関税や輸入消費税を納付していることが 条件(納期限延長方式採用の場合を除く)。 現在では、NACCSという通関情報処理システムにより輸出申告を行うことがメイン。 [記載事項]  ・輸入者 ・貨物の蔵置場所...
輸入許可書・許可書(I/D)」の続きはこちら

無担保信用状(Clean L/C)

【無担保信用状(Clean L/C)とは。】信用状(L/C)の種類の一つ。開設依頼人自信が受益者になる。貿易以外に用いられる信用状。(例)旅行者信用状:旅行者が、海外の銀行で為替手形を銀行に買取を依頼することで、手形代金を受け取ることが出来る。信用状(L/C)は、貿易上の金融手続き、為替決済の重要な項目です。関連⇒ 信用状(L/C)■通関士・貿易実務検定合格の近道:21ヶ条■【第12条:改定・改正された法令や新たに追加された法...
無担保信用状(Clean L/C)」の続きはこちら

荷為替信用状(Documentary L/C)

【荷為替信用状(Documentary L/C)とは。】信用状(L/C)の種類の一つ。船荷証券(B/L)やその他の船積書類が添付された信用状。信用状(L/C)は、貿易上の金融手続き、為替決済の重要な項目です。関連⇒ 信用状(L/C)■通関士・貿易実務検定合格の近道:21ヶ条■【第11条:修正申告、更正の請求、更正、決定、これらの違いおさえる】 修正申告、更正の請求、更正、決定。これらの違いについてキッチリ理解して下さい。 関税額を修正する...
荷為替信用状(Documentary L/C)」の続きはこちら

回転信用状(Revolving L/C)

【回転信用状(Revolving L/C)とは。】信用状(L/C)の種類の一つ。同一の売買当事者同士が、長期反復して取引する場合、信用状開設の手間やコストを省くために一定期間に一定金額を自動的に復元させる信用状。信用状(L/C)は、貿易上の金融手続き、為替決済の重要な項目です。関連⇒ 信用状(L/C)...
回転信用状(Revolving L/C)」の続きはこちら

譲渡可能信用状(Transferble L/C)

【譲渡可能信用状(Transferble L/C)とは。】信用状(L/C)の種類の一つ。売手(受益者)は、第三者に信用状金額の一部または全部を譲渡できる信用状。一般的には、表示されている受益者以外は、受益者になることは出来ないが、信用状に「譲渡可能(transferble)」の記載がれば、譲渡可能。ただし、譲渡は1回に限る。信用状(L/C)は、貿易上の金融手続き、為替決済の重要な項目です。関連⇒  信用状(L/C)...
譲渡可能信用状(Transferble L/C)」の続きはこちら

買取銀行無指定信用状(Open L/C, Unrestricted L/C)

【買取銀行無指定信用状(Open L/C, Unrestricted L/C)とは。】信用状(L/C)の種類の一つ。信用状開設銀行が売手の振出した荷為替手形の買い取り銀行を指定しない信用状。信用状(L/C)は、貿易上の金融手続き、為替決済の重要な項目です。関連⇒ 信用状(L/C)■通関士・貿易実務検定合格の近道:21ヶ条■【第10条:関税額、消費税額の計算】 まずは、課税標準額を正しく計算出来るようにして下さい。 そして、下記の3点を充分に理解...
買取銀行無指定信用状(Open L/C, Unrestricted L/C)」の続きはこちら

確認信用状(Confirmed L/C)

【確認信用状(Confirmed L/C)とは。】信用状(L/C)の種類の一つ。信用状開設銀行の信用力が弱い場合、他の銀行がその信用状を二重に保証(支払いを保証)する信用状。信用状(L/C)は、貿易上の金融手続き、為替決済の重要な項目です。関連⇒ 信用状(L/C)■通関士・貿易実務検定合格の近道:21ヶ条■【第8条:捨てる問題】 過去の問題を見ていると、滅多に出題されない難問があります。 また、「この項は、何を基準で統計品番が決定...
確認信用状(Confirmed L/C)」の続きはこちら

House B/L(ハウス船荷証券)

【House B/L(ハウス船荷証券)とは。】NVOCC業者(フォワーダー)が発行する船荷証券(B/L)。船社B/L(Master B/L)は港~港までしか発行されないが、House B/Lは港~現地指定場所まで発行できる。House B/Lは、荷主とNVOCC業者(フォワーダー)間の運送契約に効力があり、船会社には関係の無い書類です。従って、HouseB/Lで船会社から貨物を引き取ることは出来ません。 一口メモ⇒ 船会社⇔【Master B/L】⇔NVOCC業者(フォワーダー...
House B/L(ハウス船荷証券)」の続きはこちら

Master B/L(マスター船荷証券)

【Master B/L(マスター船荷証券)とは。】船会社が発行する船荷証券(B/L)。Master B/Lは、NVOCC業者(フォワーダー)が所有し輸入港で船会社に提出して貨物を引き取り、荷主にはHouse B/Lと交換で貨物を引き渡します。一口メモ⇒ 船会社⇔【Master B/L】⇔NVOCC業者(フォワーダー)⇔【House B/L】⇔荷主。 このようなイメージです。関連⇒ House B/L(ハウス船荷証券) NVOCC フォワーダー...
Master B/L(マスター船荷証券)」の続きはこちら
【これから貿易や輸入ビジネスに取り組みたいとお考えのあなたに!】

・英語の上達は、ある場面やケースを絞って、まずはそれに慣れることです。
  日常英会話から覚えようとすると挫折します。確かに単語自体はやさしいかもしれませんが、
  範囲が広すぎて、逆に覚えきれずに挫折してしまうのがほとんどです。
  まして、「スラング」や「粋な表現」などは、ビジネスという観点からすると、必要ありません。
  ある特定のシーンや場面に特化したフレーズを覚えて、そこからシーンや場面を広げていった方が
  上達の近道です。
  「例えば電車の乗方のパターンを徹底的に覚えて、そこから徐々に場面を広げる」といった感じです。
    (もちろん、それを習得するための必要最低限の日常英語は必要ですが、、、)
  ⇒  急な海外出張決まったらYouCanSpeak

・輸出や輸入の貿易に関するエキスパート”通関士”。合格の近道は?
  定評のあるテキストを繰り返し繰り返し何度も読み続けることです。
  もちろん、ご自身にマッチしたもので構いません。最初は5時間かかった分厚いテキストも
  20回、30回と読み続けるうちに40分程度で読めるようになります。
  最初の10回目までは、内容の理解はサッパリ出来ません。そこであきらめずに読み続けると
  ウソのように、理解度が加速します。私は、そうして通関士試験(第25回)を1回でパスしました。

貿易用語の検索

調べたい貿易用語を入力して下さい。

TRANSLATION

Your Language?
japan1england france german spain italy

プロフィール

Author:willfair
輸入モノ倶楽部の久保木徳彦と申します。私も輸入業を始めるまで、貿易実務検定通関士試験の道を歩んできました。国際物流の業務も17年間経験しました。
「いつか、ヨーロッパの国際見本市で輸入買付けの仕事をしたい!」
そう思っているあなたのお役に立てればうれしいです!

他にもこんなサイトを運営しています。
輸入英語例文集(日本語タイトル)
輸入英語例文集(英語タイトル)
輸入モノ倶楽部のウェブサイト
四角いクロノグラフ【コロニーウォッチ】通信販売
ナノコーティング通信販売サイト
ご連絡先
合同会社ウィルフェアー
代表:久保木 徳彦
 茨城県潮来市小泉南1430-1
 Tel:0299-66-0861
 Fax:0299-94-2335
 info@willfair.com



...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。